読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【S1 最高2123 最終2014】ゲンガー軸受けループ

S1お疲れ様でした。
もんたなと申します。
結局溶かしましたが、それなりに頑張ったつもりなので記録したいと思います。



【使用構築】
f:id:montana_poke:20170119154959p:plain

受け回し基本選出の駒としてハピナスヤドランピクシー、後手に回り続けると結局押し切られてしまったり身動きが取れなくなってしまうことが多かったのでなるべくこちらから相手に負荷をかける、崩す為の駒としてゲンガーミミッキュテッカグヤを採用しました。



【結果】
f:id:montana_poke:20170119155932p:plain

最高2123 最終2014



【個別解説】

f:id:montana_poke:20170119164749g:plain
ゲンガー
@ゲンガナイト
おくびょう/のろわれボディ→かげふみ
努力値:188-×-60-4-4-252
実数値:159-×-108-191-116-200(メガ後)
技構成:祟り目/道連れ/ヘドロ爆弾/鬼火

6世代からずっと使ってる相棒枠。特性や道連れの使用など弱体化はありましたが、今作でも鬼火で裏のサポートをしたり、道連れで持っていったり、裏で撒いた毒や麻痺サポートから自ら抜き要員になったりと様々な動きがとれてやっぱり強かったです。



f:id:montana_poke:20170119162427g:plain
ミミッキュ
@きあいのたすき
いじっぱり/ばけのかわ
努力値:4-252-0-×-0-252
実数値:131-156-100-×-125-148
技構成:シャドークロー/影うち/じゃれつく/剣の舞

構築上きついテテフやレヒレ、その他多くのポケモンと打ち合ってもらう為に採用。技範囲と行動保証が本当に優秀でした。基本的に初手に置くことはなく、ゲンガーに仕事をしてもらったり、サイクルの中で相手を消耗させてから舞って抜いていくという動きが多かったです。今季のMVP。



f:id:montana_poke:20170119160649g:plain
テッカグヤ
@たべのこし
ようき/ビーストブースト
努力値:228-0-0-×-28-252
実数値:201-121-123-×125-252
技構成:ヘビーボンバー/地震/宿り木の種/身代わり

強かったけど弱かったポケモン。主にクッションとして使い、有利対面を作って裏に負荷をかけていったり周りの毒や火傷のサポートからやどみがで詰めたり様々な役割をこなしてもらいました。テテフにショック打たれてるだけで負けることもあったので、テテフ入りには初手に置く選出をすることもありました。



f:id:montana_poke:20170119170657g:plain
ハピナス
@きれいなぬけがら
おだやか/しぜんかいふく
努力値:36-×-252-36-180-4
実数値:335-×62-100-195-76
技構成:火炎放射/卵産み/電磁波/毒毒

特殊受け。今季は食べ残しアロマセラピー型を見かけることが多かったですが、滅ゲンに崩されるのが嫌なので個人的には脱け殻一択でした。相手のゲンガーや毒が通らない駒とのサイクルになった際こちらの裏を通しやすくするため、アロマセラピーではなく電磁波を搭載しています。



f:id:montana_poke:20170119194731g:plain
ヤドラン
@ほのおZ
ずぶとい/さいせいりょく
努力値:244-×-252-4-4-4
実数値:201-×-178-121-101-51
技構成:熱湯/大文字/冷凍ビーム/なまける

物理受けその1。メガ石を持たせていましたがゲンガーと同時に選出したかったり単純にメガ進化できない、したくない(再生力を残したい)場面が多く途中から炎Zに変更しました。結果、テッカグヤや後出しされるジバコイルギルガルドなどに大きく負荷をかけていくことができたのでわりと使えたかなと思います。メガ無しの弊害としてはマンダやガブが多少あやしくなりますが実際に困った場面はありませんでした。



f:id:montana_poke:20170119200127g:plain
ピクシー
@ゴツゴツメット
ずぶとい/てんねん
努力値:244-×-252-4-4-4
実数値:201-×-137-116-111-81
技構成:ムーンフォース/大文字/10万ボルト/月の光

物理受けその2。特性によって積みが無効になるのはとても優秀でした。コスモパワーを搭載していましたが、役割対象への遂行速度を上げるため3ウエポンに。ちなみに元の数値はひかえめなので雑に受け出すとなにもできないままこちらのサイクルが潰れたりします。周りの毒麻痺火傷などのサポートあってこそという部分もあるので多少繊細な立ち回りが求められるポケモンでした。



【総括】
サンムーン発売前は消えるだのオワコンだの散々な言われようだった受けループですが、まあまあ勝てたのでよかったです。
シーズン序盤に色々なポケモンを使いながら、環境や新ポケモンの型の把握などに努めた結果が後半に活かせたことも個人的には満足しています。
バンク解禁後もがんばっていきたいです!


ここまで読んで頂いてありがとうございます。
質問等はコメント欄へお願いいたします。